• ホーム
  • インスタグラムでの出会いの安全性

インスタグラムでの出会いの安全性

色々なSNSサイトのアイコン

インスタグラムは数多いSNSの中でも抜きんでて世界中で特に若者のユーザーが多いことで知られているサービスです。
アメリカで発表されて以降爆発的に成長を遂げ現在では小中学生でも利用者が増えているほどです。
世界中でユーザー数を増やし続けているインスタグラム内を出会いの場として活用している利用者も増えています。

インスタグラムでは、プロフィールやハッシュタグなどである程度そのアカウントのユーザーの特性や趣味などがわかります。
そのため共通の話題が持てそうな相手にコメントを付けたりフォローすることで相手との距離を縮めるケースが相次いでいます。

インスタグラムでは投稿している内容につけるハッシュタグである程度相手の趣味や嗜好などがわかるようになっていますが、それをうのみにして安全なのかというとそうとばかりは言い切れません。
インターネット上には一部悪意のあるユーザーが存在するのが実情ですし、様々なシステムの利用者の中にそうした人がいる可能性もあります。

そのため、純粋に善意をもって出会いを探している自分に対して相手も全く同じ感情を持っているかは顔の見えないSNSの交流では知ることはできません。
そうした意味ではインスタグラムのみで知り合い急接近して、実際に交流を深めてい行くという出会いは注意が必要と言えます。
相手を信用する根拠の有無は感情に流されるとあいまいになりがちですので、関係性を深めていくうえでできれば初めは複数のグループで交流したり、第三者を挟むなど相手を信用する為に安全性を高めるのも重要です。

インターネット上での出会いは近年安全性が危ぶまれる声があがっています。
良い出会いがある反面でSNSを悪用するユーザーもいますのでプロフィールをうのみにして急激に相手との距離を近づけすぎない必要があります。
又、なりすましや虚偽のプロフィールを騙るユーザーも中にはいます。
これを見極めるのはインスタグラムの情報のみでは難しいのが実情です。

インスタグラムは仲間や知人などと久々に出会って交流するといった使い方もできますので、全く知らない間柄から急接近するのではなく、共通の知人がいたり現実に何らかの接点があるなどある程度の信用性がある人との出会いであれば、全くの初対面の相手よりは信頼性は高まる可能性があります。
SNSは良い出会いがある反面危険にさらされることも少なくありません。
安全性で言えば見ず知らずの相手を簡単に信用しないのも、自衛の手段と言えるでしょう。

関連記事